toggle

Profile

今井右子

早稲田大学第一文学部卒
2003年 油絵( 静物) を平井正宏氏に師事
2012年 抽象画を始める
2014年 今井右子展(中和ギャラリー,東京)
2014年 ガラス絵を始める
2015年 今井右子展(中和ギャラリー,東京)
2016年 今井右子展(中和ギャラリー,東京)
2017年 今井右子展(中和ギャラリー,東京)
2018年 今井右子展(中和ギャラリー,東京)

 

「今井 右子のこと」

彼女はいつも、丸をかいている。
言って見れば、単純な形である。
彼女の眼差しは、その単純な形の円の向こう側に注がれ、
目に見えない何ものかを捜し求めている様に思われる。
某、大学で私が持っている社会人向け公開講座、
” 静物画”の生徒さんだった。
8、9年も真剣に通ってこられた。
静物画としてはハイレベルな作品をものにしていた。
ある日から急に、抽象画を描き始めた。
そうなるに至った 気持ちの経緯を、いつか本人に聞いてみたいと思う。
それから、毎週1~2枚の作品を携えて教室にやってくる。
多作である。よく考えられてもいる。
楽しげに、キャンバスに向かう姿は、将来を感じさせてくれる。

嘉悦大学公開講座講師 平井 正宏

—————————-

IMAI YUKO

I graduated from the Department of Literature at WASEDA University.
2003 I started to paint in oils.(a still life painting)
I’ve been taught by Mr. Hirai.
2012 I started to do abstract art.
2014 IMAI YUKO exhibition(CHUWA GALLERY,Tokyo)
2014 I started to do glass painting.
2015 IMAI YUKO exhibition(CHUWA GALLERY,Tokyo)
2016 IMAI YUKO exhibition(CHUWA GALLERY,Tokyo)
2017 IMAI YUKO exhibition(CHUWA GALLERY,Tokyo)
2018 IMAI YUKO exhibition(CHUWA GALLERY,Tokyo)

【About IMAI YUKO】
She always draws a circle, just a simple figure.
However, she gazes beyond that simple figure
and seems to seek for something invisible.
She was a student at the open seminar
for community people in some college I have been in charge of.
Although she attended the seminar for eight or nine years
and became able to paint a high level still life,
one day, she started to paint an abstract unexpectedly.
I want to ask her why she started an abstract painting someday.
Although she is a prolific painter come to the seminar
with one or two works every weeks,
each of her works is very sophisticated.
Her attitude to art makes me excited about her future.

Teacher at the open seminar in KAETSU UNIVERSITY
HIRAI, Masahiro